弘前インター歯科クリニック

診療案内

一般歯科

一般歯科一般歯科とは、むし歯や歯槽膿漏の治療、詰め物や被せ物、入れ歯の製作等の治療を主とした歯科診療のことです。

歯に関するご相談はまず、一般歯科にて受付けます。

患者様のお悩みや疑問に耳を傾けながら、お一人お一人に最適な治療方法を提案してまいります。

小児歯科

小児歯科大人の歯に生え変わる前の子供の乳歯は、個人差はありますが生後6カ月くらいから前歯が生えはじめ、3歳になるくらいまでに上下で20本の乳歯が生えそろいます。乳歯は大きくなるにつれて永久歯に生えかわりますが、「どうせ生えかわるから」とケアをおろそかにしたり、むし歯を放置したりすることは大きな問題です。成長発育の途中にある子供にとって、丈夫で健康な歯でおいしく食事をすることはとても重要です。

治療の苦手なお子様は、まずは慣れるところから始めます。無理せず歯科治療の練習をしてから治療に入りますので、お子様も安心して、治療を受けていただけます。

子供の頃に形成される歯医者さんの印象はとても大切なものだと考えております。子供の頃に「歯医者さんは恐い場所」というイメージがついてしまうと、大人になってからも歯科医院を受診するのをためらいがちになるでしょう。その結果、むし歯や歯周病が放置されることで、将来、歯を失ってしまう可能性もでてきます。

弘前インター歯科クリニックでは、お子様に「歯医者さんは恐くない場所、楽しい場所」と思ってもらえるような雰囲気作り、診療を心がけております。お母様方への仕上げ磨き指導や、定期的なメインテナンスにより、専門的なクリーニングやフッ素を歯に塗ることで、むし歯になりにくい環境を作っていきます。

お子様の健全な口腔の育成を目指しております。

矯正歯科

矯正歯科矯正治療は単に歯並びを綺麗に整えるだけの治療だと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそうではありません。

歯並びの乱れは見た目が悪いだけではなく、身体への負担となっていることがあります。食べ物をうまく噛むことができない、うまく話せない、ブラッシングしにくいためにむし歯や歯周病になってしまう方もいます。咬み合わせの悪さが筋肉の緊張や骨格の歪みの原因となり、肩こりや腰痛を誘発することもあります。

お子様の歯並びが気になる方も、ぜひご相談ください。成長の過程で、一時的に歯並びが悪そうにみえる場合も、実は特に治療が必要ないこともたくさんあります。しかしながら、わずかに上下のかみ合わせがズレている場合や、歯がはえるスペースが不足している場合などには、早期の治療が有効なケースもあります。

小児の矯正をはじめ、患者様の症状にあった治療方法をご提案します。

歯科口腔外科

歯科口腔外科口腔外科では、親知らずの抜歯や良性腫瘍の摘出、口の中のけがの処置や、あごが痛い、口が開けにくいなど、顎関節症の診断、治療を行います。

当院での治療が難しい症例につきましては、高次医療機関、大学病院の口腔外科を紹介させていただきます。

予防歯科

予防歯科予防歯科では、むし歯や歯周病になってから治療するのではなく、それらの病気を予防するための治療を行います。

当院では治療終了後も定期的なメインテナンスをお勧めしております。

痛くない時に来院してもらうことで、治療に対する恐怖心がある方も、リラックスしていただけるようになります。また来院回数や治療費の節約にもなります。

歯科衛生士による専門的なクリーニングでは、歯石はもちろん、歯ブラシでは完全には落とせない歯垢(バイオフィルム)を除去し、汚れのつきにくいツルツルの歯にします。またクリーニング後はフッ素スプレー等で歯の表面をコーティングします。

せっかく治療が終了した歯や健全な歯も含め、患者様の良好な口腔環境を長期に保つことができるように、予防歯科にも力を入れています。

審美歯科

審美歯科審美歯科とは、歯の色が気になる、歯並びが悪いといったような問題を解決し、美しい口元をつくりだす歯科治療のことです。

従来の歯科がむし歯や歯周病などの病気を治す事を目的としているのに対して、審美歯科は美しさと機能の両方を回復させることを目的としています。

しかし、見た目の美しさを実現するためには、歯や歯茎の健康維持が重要な要素になります。口元をより健康で、自然な、美しい状態に保つことが審美歯科治療の目指すところとなります。

審美歯科治療には、歯の詰め物や被せ物などを白く美しいものにするセラミック治療や、天然歯を白くするホワイトニング等があります。

ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

Copyright © 2013-2017 Hirosaki Inter Dental Clinic. All Rights Reserved.