2019.03.11マイコップ・マイエプロン

当院で取り組んでいるマイコップ・マイエプロン!!
エコはもちろんですが、8年前の震災が大きなきっかけとなっています。

8年前、私は八戸に住んでいて、八戸の開業医(根城よしだ歯科)に勤めていました。
ライフラインがストップしたため、3日ほど診療ができず、やっと再開できたと思ったら当然あるものがない、使えないということに気づいたのです。
それが、コップ・エプロンだったのです!
在庫分を消化してしまい、注文してもいつくるかわからない状況だったので、
患者様に事情を説明すると皆さん快くコップ・エプロンを持参してくれました。
 
開業して約6年が経ちました。
当院に来てくださる方は、約90%以上の方が持参してくれるようになっています☆

写真にもあるように、ささやかなお礼も用意していますので、ご協力お願いいたします。

2019.03.06スキー♪スキー♪

今年の冬は雪解けが早いですね。
スキーシーズンもそろそろ終わりかな?という事で、先日家族でスキーに行ってきました!!
滑り納めは、鰺ヶ沢の青森スプリングへ。
 
リフトに乗る前に、装備のチェック!!
楽しく安全に滑るために、ヘルメットは必需です。
普段は運動とは無縁の私ですが、昨年息子のスキーデビューに伴い、20数年振りにスキーをしました。
最初は正直乗り気ではなかったのですが、やってみると楽しい♪

そして、何より良かったのが、子供達の成長を感じられたこと。
何度転んでも立ち上がり、1人で上手に滑れた時の嬉しそうな顔を間近で見ることが出来て、一緒にやって良かったと思いました。

寒い冬は嫌いですが、また来年家族でスキーに行くのが楽しみです。

2019.03.05超高齢化社会に歯科衛生士らしく生きる

3月2日弘前歯科医師会館で行われた、歯科衛生士 安生朝子先生による講演会へ歯科衛生士の古川と齋藤が参加してきました。
演題は「超高齢化社会に歯科衛生士らしく生きる」でした。
安生先生は介護を経験しており、最後まで口から食べ物を食べることの大切さを実感したそうです。
食べる事の幸せ、美味しさを感じて幸せな気分になれる、どちらも口から食べないと感じられないですよね?

 
この講演を聞いてすごく印象に残った言葉があります!
”健康の健口から健幸へ”という言葉です。
健康なお口から健康な体を作りましょうという意味が込められています。
食べられない人を作らない!
それが私たち歯科衛生士の使命なのだという事を忘れず、健康の健口から健幸へのお手伝いをこれからもさせて下さい(^_-)-☆